えにっき

はてぶ再編3回目

このまえのにっき

この前、高校同期に会った。
東銀座の古い喫茶店で待ち合わせて、ふわふわとしたオムライスをふたつ机に並べたりなんかして、思い出深い彼女の特徴的なたれ目をそっと見た。

何を話したのだったかな。
最近物忘れが酷くて、この前のことなのに内容は忘れてしまったのだけれど、彼女の目を見ていると古い記憶の扉の施錠が解かれて、頭を振ると、この4年間全く思い出さなかった過去のエピソードが物理的にボロボロと落ちた。単純に自分の頭の仕組みに驚く。彼女も私の変な記憶たちに若干驚いていた。掃除していない鞄みたい。


ほわっとしたミルク味の卵を雑に突いて、思い出の屑を二人で眺める。多分生クリーム配合。
記憶は不思議なもので、文字や映像のようなデータとしてのエピソード以上に、過去の私の当時の身体の感覚を纏わせた。なんだか私がダブって見える。その感覚が心地よい。
鋭くって高飛車で挑戦的だった当時の感覚が生き返って、ふとこの数年で私が感じた世間の欺瞞というか嘔吐感のような何かを彼女にも悟って欲しくなった。


「ねぇ。私、院進して研究みたいなことをして、教授に応援されて成果出したり、どこか就職してお金を貰いにいく訳だけど、本当は興味ないの。本当はわたしこの2年間で芥川賞が欲しいのよ。わかる?」

ジョークなので真面目な顔で言わせていただいた。

しかし彼女は目を見開いて
「あの君が!ふざけたことをしている私たちを「あなたたち、何をやっているの?」って呆れて上から見ていた君が、変なこと言っているというか、私たち側になっている...当時の君に聞かせて差し上げたいわ。今日話していて感じたけれど、君変ったよ。」

と言い、スマホで私のシケたジョークのメモを取りはじめた。
どうやら澄まし顔が印象的で私以上に冷ややかな目線を差していた同級生のTにそのメモを見せるらしい。

ええええ。Tに見せるの。
彼女から見えているらしい当時の私の尊厳を傷つけるのも悪い気がして「そうね、当時の私はこう刃物みたいに鋭くて強かったね」と話を合わせながら、「面白くって楽しくて変だった君たちがいなくて僕は寂しいよ」って心の中でつぶやいた。


でも私の記憶だと、当時の私も「将来お金持ちになって君を養ってあげるよ」*1ぐらいの冗談は言っていた気がするし、その感覚を再現してみただけなんだけどなぁ。忘れられたか。まぁいいや。


もしかしたら彼女も、あの頃は溢れかえっていたはずのこの系統の冗談が真新しく見えるほどに、物足りなさの嘔吐を感じているのかもしれない。わからないけれど。


P.S.
短くてもいいから、もう少しいい感じの頻度でブログを書きたいお気持ち。

P.S.のP.S.
サークルのにいる間はこういう不満足を感じずに済んだ気がする。高校の時摂取していたものとは、また別ジャンルの食べ物だった気もするけれど。
膨大な量のジョークをいただけてありがたかったな。先輩も同期も後輩も。流石にそろそろ通しに行きたい👀

*1:彼女は私の机にオススメの本や漫画を積んでくれることがあったので、彼女を養ってその行為にお金を出すのも悪くないなと思ったため。桜庭一樹の『荒野』は今でもシーンとして中身が残っている。

きょうのにっき

お久しぶりです。
お久しぶりすぎて、低血圧のわたくしは寝惚け眼状態ですが、ツラツラと書いていきたいです。
はあー。私がここでどんなことをおしゃべりしていて、どの調子で皆様にお伝えしていたのかさえ忘れちゃった。

幾つか特集したかった内容があるような気がしますが、きょうのにっきはきょうのにっき。

*****

昨日と今日は清々しい青空が広がる日でした。なんだか久しぶりのような気も致します。
皆さんの感覚も、この青空は久々に感じていらっしゃいますか?
もしそうなら、何の感情に依るものなのか分からないけれど、とても嬉しいです。
あ、ちなみに教授のお話によると、文化の日はとても晴れるそうですよ。


授業が終わって、図書館で本を読みました。
情報科学がねっとりと絡まった味わいの本でした。

図書館のゆったりとした雰囲気で、保温器のような緩い温度のなかをプカプカし、

「あかんなぁこのままじゃはむすたーになっちゃうよ」

と思いながら、ご本を読んでおりました。
珍しく一気に最初から最後まで読了しました。いい体験をありがとうございます。作者さん。

読み終わった後、前に紹介したWaltz for Debbyを聞きながら、コートにくるまってねんねしました。
噛みしめる。良いひと時。
私はこう過ごしていればいいのね。

時々起き上がってお手洗いに行って、ペットボトルでお水を飲んで、またねんねしました。

むにゃむにゃと呟くコートを被った謎の物体になりながら、じぶんはいろんなことを知らないし、既に知っていると思っていることたちがどんな風に仲良しであるかを知らないなぁと思いました。とても知りたいです。
多分それは、主に数学を中心としたなにかな予感が最近してきました。いつから思い始めたのかは、忘れちゃいましたが、わたしはこの気持ちを結構な期間の間、仕舞っていたので、ひょっとすると結構前かもしれません。

そしてそういった気持ちはきっとどこかで、私が幼い頃から好きだったものや、高校生の時に横浜駅の構造が好きだと気付いたこととつながる気がします。横浜駅だけじゃなくて、どこかもっと大切にしていた何かに、私が欲しくて死にそうと思っている何かに繋がると思う。エッシャーの絵を見た時もそう思った。
でも、私忘れっぽいし分からず屋だからなぁ、やりきれる自信はあまりないです。

自分の時間をきちんと使っていきたいです。
まー世の中はつまらないものであふれていて、非常にめんどうくさいけどね。

将来何になったらいいかは、またいつか考えよ。
(その辺の本棚に投げ捨てる音)

おやすみ

保温器の中のちょうじゅくより

きょうのにっき

少し前のドラマに居そうなヘタレ男

忘れていたわけではないんだ、許してくれ......! なぁ〜頼むよ...

実際、毎日はてなブログのことを思い出していたし、書きたい話題も泉のように湧いていたのだけれど、身体的要因で書くことができませんでした。チャンチャン。おしまい。

バスアナウンス

次は、ちょうじゅくメンタルクリニックまえ。ちょうじゅくメンタルクリニックまえです。
人生十年。二週間ほど前からメンタルが不安定、生来より分裂症傾向ありの方はこちらのバス停でお降りください。
つぎ、とまります。お降りの方はバスが止まってから席をお立ち願います。

いまいち行くべきなのか、判断するのが難しいみなさま、ごきげんよう
多分、私はそこまで大掛かりに病んではいないと信じてきましたが、その反面、もし他人に病的だと指摘されたら認めざるを得ないですね。

病気かどうか、それがなんの病気に分類されるのかを判定する第三者たるお医者様の手を借りたら、私も病人の仲間入りかしら?
どの関係性の友人なのかによって意見が分かれそうですね。

とかく、「残念ながら一生治らない模様です」なんて言われてしまったら、生き生きと昭和期の結核娘をルンルン演じて差し上げようと、健康に対して傲慢な態度の*1私は思っています。

新星美少女作家の最終定理

私はこのペンネームにふさわしい、真に驚くべき小説を考えたが、ここに記すには余白が狭すぎる。

ペンネームだけは20個ぐらい思いついてストックするのですが、小説はストックされません。
なぜでしょう。。。。まったく理由が見当もつきませんわ♡
遺伝も一つの要因かしら、ねぇママ?

私は、文才をあまり自分に感じないので、小説家よりキャッチコピー屋さんでもやった方がまだ繁盛するのではないかと思います。

ちょうじゅく

日記書いたら元気出た(=゚ω゚)ノ!!!寝るで!おやすみ(¦3[▓▓]

ちょうじゅくって一体どなた?
え?わたくしですか?

*1:後で痛い目を見そうな

セキュリティキャンプ九州3日目

最終日

さすがにまとめるのも少し疲れてしまいましたww

続きを読む

セキュリティキャンプ九州2日目

2日目の講義は、
【Webプログラミング基礎講座】
【いじって壊して遊んでハッカーになろう】
の二つでした。

続きを読む

セキュリティキャンプ九州1日目

1日目の感想書いていきます!

続きを読む

2016年セキュリティミニキャンプ九州まとめ

こんにちは
4日ほどはてなの更新をサボりましたが、イベントがひと段落したのでご報告


少し風変わり*1で面白そうなイベントに参加しました。
セキュリティキャンプの地方版、セキュリティミニキャンプの九州編です。

各日程での講義感想!!!!!!


たぶん参加者の皆さんは、この記事より上の三つを見た方が良さそうです(?)

他の参加者の感想はてなよりも日記らしい仕上がりになってしまっています...
すみません....。

*1:セキュリティの人々にとってはむしろメジャーイベント

続きを読む