読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えにっき

はてぶ再編3回目

きょうのにっき

少し前のドラマに居そうなヘタレ男

忘れていたわけではないんだ、許してくれ......! なぁ〜頼むよ...

実際、毎日はてなブログのことを思い出していたし、書きたい話題も泉のように湧いていたのだけれど、身体的要因で書くことができませんでした。チャンチャン。おしまい。

バスアナウンス

次は、ちょうじゅくメンタルクリニックまえ。ちょうじゅくメンタルクリニックまえです。
人生十年。二週間ほど前からメンタルが不安定、生来より分裂症傾向ありの方はこちらのバス停でお降りください。
つぎ、とまります。お降りの方はバスが止まってから席をお立ち願います。

いまいち行くべきなのか、判断するのが難しいみなさま、ごきげんよう
多分、私はそこまで大掛かりに病んではいないと信じてきましたが、その反面、もし他人に病的だと指摘されたら認めざるを得ないですね。

病気かどうか、それがなんの病気に分類されるのかを判定する第三者たるお医者様の手を借りたら、私も病人の仲間入りかしら?
どの関係性の友人なのかによって意見が分かれそうですね。

とかく、「残念ながら一生治らない模様です」なんて言われてしまったら、生き生きと昭和期の結核娘をルンルン演じて差し上げようと、健康に対して傲慢な態度の*1私は思っています。

新星美少女作家の最終定理

私はこのペンネームにふさわしい、真に驚くべき小説を考えたが、ここに記すには余白が狭すぎる。

ペンネームだけは20個ぐらい思いついてストックするのですが、小説はストックされません。
なぜでしょう。。。。まったく理由が見当もつきませんわ♡
遺伝も一つの要因かしら、ねぇママ?

私は、文才をあまり自分に感じないので、小説家よりキャッチコピー屋さんでもやった方がまだ繁盛するのではないかと思います。

ちょうじゅく

日記書いたら元気出た(=゚ω゚)ノ!!!寝るで!おやすみ(¦3[▓▓]

ちょうじゅくって一体どなた?
え?わたくしですか?

*1:後で痛い目を見そうな