読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えにっき

はてぶ再編3回目

きょうのにっき

お久しぶりです。
お久しぶりすぎて、低血圧のわたくしは寝惚け眼状態ですが、ツラツラと書いていきたいです。
はあー。私がここでどんなことをおしゃべりしていて、どの調子で皆様にお伝えしていたのかさえ忘れちゃった。

幾つか特集したかった内容があるような気がしますが、きょうのにっきはきょうのにっき。

*****

昨日と今日は清々しい青空が広がる日でした。なんだか久しぶりのような気も致します。
皆さんの感覚も、この青空は久々に感じていらっしゃいますか?
もしそうなら、何の感情に依るものなのか分からないけれど、とても嬉しいです。
あ、ちなみに教授のお話によると、文化の日はとても晴れるそうですよ。


授業が終わって、図書館で本を読みました。
情報科学がねっとりと絡まった味わいの本でした。

図書館のゆったりとした雰囲気で、保温器のような緩い温度のなかをプカプカし、

「あかんなぁこのままじゃはむすたーになっちゃうよ」

と思いながら、ご本を読んでおりました。
珍しく一気に最初から最後まで読了しました。いい体験をありがとうございます。作者さん。

読み終わった後、前に紹介したWaltz for Debbyを聞きながら、コートにくるまってねんねしました。
噛みしめる。良いひと時。
私はこう過ごしていればいいのね。

時々起き上がってお手洗いに行って、ペットボトルでお水を飲んで、またねんねしました。

むにゃむにゃと呟くコートを被った謎の物体になりながら、じぶんはいろんなことを知らないし、既に知っていると思っていることたちがどんな風に仲良しであるかを知らないなぁと思いました。とても知りたいです。
多分それは、主に数学を中心としたなにかな予感が最近してきました。いつから思い始めたのかは、忘れちゃいましたが、わたしはこの気持ちを結構な期間の間、仕舞っていたので、ひょっとすると結構前かもしれません。

そしてそういった気持ちはきっとどこかで、私が幼い頃から好きだったものや、高校生の時に横浜駅の構造が好きだと気付いたこととつながる気がします。横浜駅だけじゃなくて、どこかもっと大切にしていた何かに、私が欲しくて死にそうと思っている何かに繋がると思う。エッシャーの絵を見た時もそう思った。
でも、私忘れっぽいし分からず屋だからなぁ、やりきれる自信はあまりないです。

自分の時間をきちんと使っていきたいです。
まー世の中はつまらないものであふれていて、非常にめんどうくさいけどね。

将来何になったらいいかは、またいつか考えよ。
(その辺の本棚に投げ捨てる音)

おやすみ

保温器の中のちょうじゅくより